京都、プチ旅行

私用で京都まで行ってきました。思いの外早くに最初の予定が終わり、次の予定まであいてしまったので、そのままプチひとり旅を開始しました💨

 

ひとり旅ってのんびりできていいよね〜…何をおっしゃるうさぎさん、ひとり旅は大変忙しいです。己の体力・欲、そして時間と地形との戦いです。

 

さて。北野天満宮まで行ってきました
f:id:myrstnh:20170523080013j:image

なぜ北野天満宮をチョイスしたかというと、前々から御朱印帳の可愛さが気になってきたからです( • ̀ω•́ )次はどこのものにするか悩んでいたんですけど…ここに決めた!!


f:id:myrstnh:20170523080055j:image

いただいてきました〜

なんと!カバーがついてるんですね!これは嬉しいです。1つ前のものは自分でカバーを作ったのですが、如何せん不器用なんですよねぇ。苦労しました。

 

簡単な袋に入れていただいたのですが、これがまたかわいい! 
f:id:myrstnh:20170523080109j:image
鳥居の模様になってるんです!なんというアイデア!センスのある袋!ニヤニヤしながら歩きました。

 

ちょうど、青もみじ苑と宝物殿をいっしょに拝観できる時期だったみたいです。青もみじすごかったですよ!語彙力の無さが悔やまれます。

 
f:id:myrstnh:20170523080154j:image
f:id:myrstnh:20170523080234j:image

これ全部もみじなんですぜー🍁


f:id:myrstnh:20170523080251j:image

ほら!🍁

 

f:id:myrstnh:20170523080535j:image

ここから見える本殿もすごかったです。全然知らない男性と「すっごい」ってハモってしまうくらいでした。

 
f:id:myrstnh:20170523080453j:image

いたるところで見かけたこの紋がとてもかわいい。梅鉢っていうやつですよね?胸張って答えられるほど教養がないのが辛いです。前田家の紋も梅鉢に関するものだったような、、、好きだった記憶はバッチリなんですけどね笑

頭良くなりますように。ってもっとしっかりお願いするべきでした。

 

こちらが宝物殿
f:id:myrstnh:20170523080601j:image

青もみじとは、本殿をはさんで反対側にありました。

 

人が少なかったので、入り口にいらっしゃった男性にいろいろ教えていただきながら拝観しました。ありがとうございました。学がないのでなんとなく、ざっくりとですけど、私は恐らく豊臣が好きなんだと思います。解説を聞いていて、豊臣秀吉、秀頼の名前が出てくると楽しかったので、なんとなくですがそう思いました。これを機に勉強しようかな??

 

特別公開の北野・東山遊楽図屏風も見ました。解説してくださった男性が京都の訛りで、「当時の風俗がわかりますからね。おもしろいでしょ。清水のとこで酒盛りなんて考えられませんでしょ!」って笑うのが印象的でした。かわいいって言葉は、お歳を召した男性に使う形容詞ではないのかもしれないけれど、笑った顔も訛りも本当にかわいかった〜!

 

その他、修学旅行のガイドさんの話にこっそり耳をすませてみたりしながら、大変満足して北野天満宮を後にしました。

 

あとはね!ダッシュで次の目的地近くに移動し、食事をすませ、足の疲労と眠気と戦いながら本来の予定をこなしたのでした。